Google
東京アメッシュ 天気予報tenki.jp(吹田市) radiko.jp 大阪降雨情報

2005年01月13日

冬のソナタを全部見ました。

 さっき、最終回を見ました。最後のシーンで涙ぼろぼろでした。
あんな感じで終わってたんですね。続編やアナザーストーリーがありそうですね。
でも、続編にしたらおもしろくないかもね。

今度、映画化するらしいけど、90分でまとめてほしくはないですね。
本→映画→ドラマになったdeep loveやせかちゅ〜にしてもキャストが変わるのでイメージが損なわれたような気がします。
カン・チュンサンはヨン様、チョン・ユジンはチェジウがいいです。
次長も好きです。映画化反対!です。

ここからは、ネタばれ注意
それにしても、ユジンは結婚したんでしょうか?ちょっとした謎です。
フランスから帰ってきて名古屋巻きみたいな髪型になってるし・・・

それに、チュンサンはよくあんな家を建てられたなぁ〜って思います。庭園もすごいし。
あ、母ちゃんがピアニストでお金あるからかな?
それに、春川の家もずっと所有したままだし金があるか〜

コテコテで先が見えるドラマなのにこんなにも惹き付けられるのはなんでだろう?
映像トリック?先が見えるようにして、回りくどい事を言ってなかなか答えをださなかったからかな?
いままでの速度からしたら、最後のほうは展開が早かったですね。最終回までの時間がなかったからなのかな。ちょっと残念。

ユジンは才能があるのに、ある意味不幸な人生ですよね。
でも、そのあとチュンサンと結婚したら良い思い出になるね♪

どちらにしても、親たちに振り回された子供たちが苦しめられたのがいやですよね。うそ、うその連続・・・・
そうだ、チュンサンが失明したのはユジンを助けたからだった・・・二回も事故れば頭もおかしくなるよね。

人の心を惹きつけられる良いドラマでした。
【関連する記事】
posted by アンリ at 12:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 冬ソナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック